ドラム初心者のための入門サイト

ドラム博士 > ドラム入門講座 > バスドラム・タム類

バスドラム・タム類

バスドラム

ドラムセットの中で一番低い音を出す太鼓です。
ペダルを使い脚で音を出すのも他の太鼓と違うところです。
バスドラムとスネアドラムのコンビネーションでビートが出来上がります。

バスドラム

タムホルダーベース

タムタムを固定するホルダーを装着するための穴が開いています。
1つ穴や2つ穴などメーカーなどにより様々です。

スパー

バスドラムを支えるための脚です。
長さと角度が調節でき基本的には掌が入るくらいの高さに調節します。

シェルの中にはミュート材(フェルトやクッションなど)を入れて調節します。
サイズは22インチ(口径)×16インチ(深さ)が一般的です。

タムタム

様々なサイズがあり音程なども違うのでパターンとパターンをつなぐフィルなどに主に使います。
2タム1フロアが一般的ですが
1タム1フロア
1タム2フロア
2タム2フロア
など演奏するジャンルによって必要かどうか考えましょう。

タムタム

基本構造はスネアやバスドラムと一緒です。ドラムスローンに座って見て左が12インチ(口径)右が13インチのものが一般的です。(深さはメーカーなどにより様々です。)

タムは口径、深さともに種類が豊富です。直径が大きくなればピッチは低く、小さければピッチは高くなります。胴が深くなるとフロアタムやバスドラムの様な丸い低音に近付き、浅くなるとアタック音が強調され明るい音になります。

フロアタム

フロアタム

タムとほぼ一緒ですが違うのは支えるための脚が付いている所です。
サイズは16インチ(口径)のものが一般的です。

DVD&CD付 これからはじめる!!ドラム入門 これだけは知っておきたいすべてが見て叩ける

  • 出版社:ドレミ楽譜出版社( 2007-10-29 )
  • 楽譜:116 ページ
  • ISBN-10 : 4285116987
  • ISBN-13 : 9784285116984