ドラム初心者のための入門サイト

ドラム博士 > Login > ドラマーランキング > ジョン・ボーナム

ジョン・ボーナム

John Bonham

1948年5月31日~1980年9月25日
本名 John Henry Bonham ジョン・ヘンリー・ボーナム

誰もが認める世界一有名なドラマー。様々なドラム、音楽雑誌において偉大なドラマーランキングでことごとく1位を獲得しており、ボンゾの愛称で知られている。
息子にジェイソン・ボーナム(UFO,Led Zeppelin)がいる。

ジョン・ボーナム:History

  • 1964年 テリー・ウェブ・アンド・ザ・スパイダース、ザ・ブルー・スター・トリオ、ザ・セネターズなどのバンドでドラムを叩く。
  • 1968年 ヤードバーズを率いていたジミー・ペイジが新しくバンドを組むためボンゾを40回近くの電報による説得で口説き落とす。
    ニューヤードバーズからレッドツェッペリンにバンドを改名する。
  • 1980年 世界各地をツアーで回りバンド、個人的にも数多くの伝説を残しアル
  • コールの多量摂取による窒息死によりこの世を去る。
    32歳の若さだった。

ドラムプレイの特徴

ボンゾの特徴はなんと言っても唯一無二のグルーヴと言えます。
彼独自のタイム感によるグルーヴは他者が真似できないものです。

また体格も良く音が非常に大きかったのも特徴の一つ。
あまりのパワフルな演奏によりバスドラムのヘッドを破ったりクラブから音がでかすぎるために演奏を中止させられる事も多かったようで、当時イングランドで一番音がでかいドラマーと名が轟いていたくらいです。
他にもレッドツェッペリンのベース、ジョン・ポール・ジョーンズはツーバスを使っていたボンゾの音が大きすぎたためバスドラムを一つ隠してしまったというエピソードがあります。

ボンゾは26インチのバスドラムをノーミュートで鳴らせる数少ない一人です。
音量がでかくパワフルな面が目立ちますがもちろんそれだけではなく3連譜を用いたフィルやビートを良く使っていました。これらはボンゾが作ったといっても過言ではないビートやフィルであり今でも影響を受けたドラマー達が良く使用しています。
イミグラントソングのハネる独特のビート、グッドタイムスバッドタイムスにおける頭抜き三連の演奏は彼の代名詞になっています。

TOTOのドラマージェフ・ポーカロもロザーナの有名なシャッフルパターンを作る際レッドツェッペリンのフールインザレインのドラムを参考にしたと言っています。ドラム史上最も有名で最も後任のドラマー達に影響を与えたのは間違いありません。
またキース・ムーンとは親友であり彼のようにホテルを壊したりハチャメチャしていたようです。
彼のエピソードはとてもここでは書ききれないくらいたくさんあるので気になった人は調べてみるのも面白いかもしれません。

ドラム・セッティング

ワンバス、ワンタム、ツーフロア。シンバルも基本的なものだけのシンプルなセット。特徴はなんと言っても26インチのバスドラムで、時代によりフロアタムが3つだったりドラ、ティンパニなども使っています。

アメリカ・ツアーで一緒だったヴァニラ・ファッジのカーマイン・アピスからラディックを紹介してもらいそれからラディックの機材を愛用しています。特にアクリルオレンジやグリーンスパークルのセットは有名です。

シンバルはパイステジャイアントビートシリーズ(後期は2002シリーズ)を使用。

ドラム動画

http://www.drummerworld.com/Videos/johnbonhammobidickrah70.html
ボンゾを語る上で無くてはならない曲。
彼のソロのための曲です。
Led Zeppelin / Moby Dick


Led Zeppelin / Imigrant Song


Led Zeppelin / Rock And Roll
どちらもライブでの様子。