演奏の幅を広げよう!カホンアクセサリーおすすめ10選![記事公開日]2022年5月24日
[最終更新日]2022年5月24日

カホンアクセサリー

「カホン」単体でも様々なジャンルや形態での演奏が可能であり、本体のみでも十分に楽しむことができますが、アクセサリを追加すればさらにカホンの演奏を楽しむことができます。カホンにはシンバルやチャイム、ブラシなど様々な周辺アクセサリーが開発されており、それらを使用すれば更に演奏の幅が広がり、楽しみ方も増します。この記事では「定番品」から「少しマニアックだけど便利なもの」まで、「カホンを更に楽しめるようになる」おすすめアクセサリーを紹介していきます。

カホンの選び方や特徴などはこちらの記事をご参照ください。
カホンの選び方&おすすめ10選

MENU

カホンを更に楽しむには? カホンアクセサリーの「THE・定番品」! 1:シンバル 2:ブラシ 3:カホンペダル 4:ケース 5:クッション 意外と使える!「マニアックアクセ」! 6:シェイカー 7:ウッドブロック 8:ウィンドチャイム 9:カバサ 10:ベースチューブ

カホンを更に楽しむには?

冒頭でも触れましたが、「カホン」は単体でも十分楽しむことができる楽器であり、カホンのみで演奏されている方も多いと思います。また、特に初心者の方はカホン用のアクセサリーがあることを知らない場合もあると思います。まず初めに「カホンアクセサリー」があるとどのようにカホン演奏の幅が広がり、楽しみ方が倍増するのか見ていきましょう。


シンバルと組み合わせてのカホンソロ。シンバルがあるだけでアクセントが強調されメリハリがつきます。


カホンアクセサリーの紹介動画。この記事で紹介していないものもありますが、デモ演奏もありますので参考になります。


有名な「葉加瀬太郎」氏による「情熱大陸」のライブVer。パーカッションは「仙道さおり」氏が担当しておりカホンを中心に様々なパーカッションを使用しています。ドラムなしというのが驚きですね。


カホンをバスドラムに見立てたコンパクトキットでセッションしています。カホンを使用したコンパクトセットは後述します。

カホンアクセサリーの「THE・定番品」!

カホンプレイヤーにとって馴染みのある「定番品」を紹介します。プロ、アマ問わず導入している方も多いでしょう。初心者の方はまずこちらのアクセサリーから揃えていくことをおすすめします。

1:シンバル

最近ではカホン用シンバルなども登場しており、カホンプレイヤーにとって組み合わせる楽器として一番身近なものとなっています。手で叩く(鳴らす)必要があるため、主に「スプラッシュシンバル」や「チャイナスプラッシュシンバル」をなどの薄く小さめのシンバルを用いることが多く、アクセントを入れる際に使用します。シンバルを導入するだけでもかなり演奏の幅が広がりますので、カホン購入の際に合わせて導入するのもおすすめです。

SABIAN / AA-8CSP

通常シンバルを手で鳴らす場合はある程度コツが必要ですが、この「SABIAN / AA-8CSP」を使用すればとても簡単に鳴らすことができます。通常使用する場合は写真のような向きでセットしますが、手で叩く場合は「逆向き」にセットして下さい。「逆向き」にセットすることで手で叩く時のレスポンスが早くなり、小さい力でもしっかり鳴らすことが可能です。(指で叩いても鳴るくらいレスポンスが良いです。)
※スティックで叩く場合は「逆向き」の状態だと割れやすくなりますのでご注意ください。

SABIAN / AA-8CSPを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

2:ブラシ

「ブラシ」というと「JAZZ」を思い浮かべる方は多いと思いますが、実はカホンとの相性もとても良いことが知られています。ブラシも種類が豊富で様々な素材で作られており、それにより出せるサウンドも変化します。カホン用として開発されているものはナイロン製のものが多いです。

VATER / VBM

通称「モンスターブラシ」。数あるブラシの中でもおすすめなのが「VATER / VBM」です。一般的なブラシよりも太く、初心者にも扱いやすい設計になっています。素材はナイロンを使用、開き幅を調整することも可能です。まとめれば「ロッド」のようにも使用できますのでカホンだけでなく、ドラムセットやジャンベなど他のパーカッションにも使用できる便利なブラシです。また、このモンスターブラシをもとに作られた「VCS(カホンスティック)」もおすすめです。

VATER / VBMを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

3:カホンペダル

 カホン専用に開発された「カホンペダル」を導入すれば、LOW(低音)を足で演奏することが可能になります。また、小型スネアやハイハットなどと組み合わせれば超コンパクトドラムセットのバスドラム兼スローンとしても活躍します。

DW / DW5000CJ

カホンペダルの種類はあまり多くなく、「Schlagwerk」「LP」「DE GREGORIO」などのカホンメーカーが中心ですが、ハードウェアメーカーとしてもトップクラスの人気を誇る「DW」がおすすめです。ドラムペダルのベストセラーの1つ「DW5000」シリーズのフットボードを使用しており、安定感のあるプレイが可能です。他メーカーのペダルに比べ、比較的低価格であり、コンパクトで持ち運びしやすい点からセレクトしました。

DW / DW5000CJを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

超コンパクトドラムセットの作り方!

つづみちゃん

コンパクトドラムセット

カホンを使用したコンパクトセットの作り方はとても簡単です。必要なものは以下の6点。

  • カホン
  • カホンペダル
  • スネア
  • スネアスタンド
  • ハイハット
  • ハイハットスタンド

既にドラムセットを持っている方はカホンとカホンペダルを買い足せばOKなのでこの組み合わせがおすすめです。また、「MEINL」から「CAJON DRUM SET」として販売されているセットもあります。


※現在国内では取り扱っている販売店が無いようですが、セット内容のアイテムを単品で揃えて組み合わせることは可能です。

カホンを購入した際に付属品として付いてくる場合もありますが、持ち運びする際には必須と言えるアクセサリーです。リュックタイプのものがほとんどで持ち運びの際に両手が空くことが嬉しいですね。カホンのサイズによって入らない場合もありますので購入前に必ず確認しましょう。

TAMA / TCB01BK POWERPAD Designer Bag -Cajon-

TAMAの人気シリーズ「POWERPAD Designer Bag」のカホンVerです。他のメーカーはシンプルなものが多い中、「デザイン性」も重視している点が特徴と言えるでしょう。サイズも大きくほとんどのカホンが入ります。カホンの選び方&おすすめ10選で紹介したカホンの中ではPearl / PCJ-633BB以外は全て入ります。
※Pearl / PCJ-633BBは専用ケース(PSC-BCS)が出ておりますのでそちらを購入するのがおすすめです。

サイズ (W)33cm x (D)31cm x (H)50cm

TCB01BK POWERPAD Designer Bag -Cajon-を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

5:クッション

塗装の影響や滑り止め加工がされていないカホンでは「座面」が滑りやすいことがあります。特にカホンの奏法として前脚部分を浮かせることが多いため、演奏に支障が出る可能性があります。ストレスなく演奏に集中したい場合には、非常に重要なアイテムと言えるでしょう。

MEINL / CAJ-PAD

低価格かつしっかりした滑り止めが効いており、コストパフォーマンスの高さから「Meinl / CAJ-PAD」をおすすめします。他にもクッションが厚いタイプや座布団形状のものもありますので、好みで選んでもOK。さらにコストを抑えたいのであれば100円ショップやホームセンターなどでウレタンやシリコンなどのゴムシートなどを加工するのも良いでしょう。

素材 ウレタン
サイズ (W)25.4cm x (D)25.4cm x (H)1.3cm

Meinl / CAJ-PADを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

意外と使える!「マニアックアクセ」!

「定番品」に比べ使用しているアマチュアのカホンプレイヤーは少ないですが、プロのカホンプレイヤーは導入していることが多いアクセサリーです。カホン用ではないものを使用している方は多いですが、ここではカホンプレイヤー向けに作られているものを紹介していきます。

6:シェイカー

「シェイカー」は「振る」ことでリズムを刻む楽器の総称で、多くのパーカッショニスト、ドラマーが使用しているサブ楽器の1つです。カホンを演奏する際もシェイカーを使用することでビートを感じやすいプレイができることでしょう。

MEINL / MS-BK & FS-BK

一般的に「シェイカー」は手で振る楽器ですが、「MEINL」の「MS-BK」は指に取り付けて、「FS-BK」は足に取り付けて演奏するシェイカーです。そのため、通常のカホンプレイをしているだけでリズムが刻めますので初心者にもおすすめできるアクセサリーです。同様のもので「タンバリン」や「ジングル」「カスタネット」など違うタイプもあり、用途に応じて使い分けると良いでしょう。値段が安価なのも魅力的です。


MEINL / MS-BKを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

MEINL / FS-BKを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

カホン用パーカッションパック!

「MENIL」は様々なオリジナリティ溢れるパーカッションをリリースしていますが、まとめて購入できるパーカッションパックがいくつかあります。こちらの記事で紹介している「クッション:CAJ-PAD」や「シェイカー:MS-BK」もセット内容に含まれている「Cajon Perc Pack」は非常におすすめです。カホン用のパッケージですが、通常のパーカッションとしても申し分なく使用できますので、持っておいて損は無いでしょう。

MEINL / Cajon Perc Packを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

7:ウッドブロック

「ウッドブロック」は様々なポピュラー音楽で使用されているパーカッションで、小気味良い木のサウンドが特徴です。カホンとの相性も良く、ポピュラーからラテンまで幅広く対応出来ます。

Pearl / PBCW-100

ウッドブロックの多くはスティック等で叩くように設計されていますが、カホン用に開発された「Pearl / PBCW-100」は手で叩く事で演奏が可能になっています。ウッドブロックとしてのサウンドも申し分無しで、付属のテープでカホンに取り付けることも可能です。また、アタッチメントを使用することでシンバルスタンドなどにも取り付け可能です。

Pearl / PBCW-100を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

8:ウィンドチャイム

「ウィンドチャイム」は澄んだ神秘的な音が特徴で、バラードなど静かな曲にとてもマッチします。カホンはアコースティック編成で使用されることが多いので、相性は抜群、ウィンドチャイムがあるだけで楽曲の雰囲気が大きく変わるでしょう。

LP / LP511

「ウィンドチャイム」は用途や素材など違いも様々、価格帯も幅広いですが、最も有名なパーカッションメーカーの1つである「LP」の「LP511」をおすすめします。36本のアルミバーを採用しており、バランスが良くアンサンブルでも馴染みやすいモデルです。

LP / LP511を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

9:カバサ

「カバサ」は柄がついた円柱形状の本体に金属製の玉を巻きつけ、振ったり、金属製の玉を擦ったりすることで演奏する楽器です。シェイカーのようにビートを刻むだけでなく、エフェクティブな独特なサウンドは意外にも活躍する場が多く、アレンジの幅が大きく広がります。

Schlagwerk / SR-CCA30

世界トップクラスのカホンメーカーである「Schlagwerk」が開発した「SR-CCA30」はコンパクトかつカバサ本来の音を再現でき、ルーズなセッティングのハイハットサウンドが近いと言えるでしょう。付属のテープで側面に取り付けることでカホンとの同時演奏が可能です。

Schlagwerk / SR-CCA30を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

10:ベースチューブ

「ベースチューブ」は「Schlagwerk」が開発したカホン用の「ベースブースター」です。サウンドホールに取り付けることでLOW(低音)の音量、音圧が増し、パワフルなサウンドへ変わります。バンド編成やレコーディング時など、しっかり低音を効かせたい場合に使用すると良いでしょう。

Schlagwerk / SR-CBT1

全ての「Schlagwerk」カホンに使用可能、他メーカーのカホンでもサウンドホール直径約12cmのものであれば取り付けが可能です。ネジ等を使用せずサウンドホールに差し込むだけで使用できる手軽さも魅力の1つです。

Schlagwerk / SR-CBT10を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す


カホンプレイヤー向けのアクセサリーは年々増えてきています。パーカッショニスト、ドラマー問わず様々なシチュエーションで演奏できるように準備しておくと良いですね。