Gretschが新たなスネアドラム「USA Custom Ridgeland」を発表[記事公開日]2022年7月3日
[最終更新日]2022年7月3日

アメリカの老舗ドラムメーカー「Gretsch」のスネアドラムに新たなラインナップ「USA Custom Ridgeland」が追加されたと発表されました。
Gretsch Drums Official HP

GretschUSAの工場がある町「Ridgeland」の名を冠したスネアドラム


Gretschのドラムは約40年に渡り、サウスカロライナ州リッジランドで手作りされています。最高級の素材を使用、細部へのこだわり、そして職人達の情熱によるGretschの伝統的な製作方法で作られたドラムは“That Great Gretsch Sound”と言われ、この「Ridgeland」はまさにそれを体現しています。

スペック

GRGL6514S1CLXT

モデル名 GRGL6514S1CLXT
サイズ 14″ x 6.5″
シェル メイプル、ガム、ポプラ合板
(約38.1mm厚)
フィニッシュ 二トロン、サテン、グロスラッカー
上記3種類から選択可能
カラー 19種類から選択可能
ストレイナー G5375 ライトニングスローオフF
フープ 4mmダイキャスト・カウンターフープ
ラグ G-5472 8本
スナッピー G-5418(20本)
ヘッド パーマトーン
付属品 チューニングキー
入荷時期 受注生産(約6ヶ月)

GRSL0514S8CLXT

モデル名 GRSL0514S8CLXT
サイズ 14″ x 5″

※その他スペックは上記「GRGL6514S1CLXT」と同様のため、省略させていただきます。

スネアドラムの命でもあるシェルはGretschの特徴でもある「メイプル」「ガム」「ポプラ」を使用し、クラシックスタイルな「30°エッジ」とブロードキャスターシリーズなどで見られる「ラウンドオーバー」を組み合わせたハイブリッドエッジを採用したことにより、温かく深みのあるサウンドですが、アタック音もしっかり感じることができます。ヴィンテージを再現したこだわりはパーツの細部を見ることでも感じ取ることができるでしょう。
現在、国内には入荷しておらず基本的に受注生産になるようです。今後楽器店のオーダー状況次第で入荷する可能性もありますので、興味のある方はチェックしておきましょう。